『子ども好き体質』ってわけじゃなくても 子育てに支障はありません

イチゴ狩り 親子

『子ども好き体質』って何?

すみません。私のイメージで

「子ども好き、かわいい!お世話したい!」

と何の迷いもなく宣言できるタイプの方のイメージ。

私の友人には幼稚園の先生や保育士さんだった子が多いのですが、
とても魅力的なこのタイプの友人。
私とは真逆でしてリスペクト!です。

 

まきたさん、子ども好きなんですね!

「保育士さんとか、幼稚園の先生とかやってたんですか?」
などと、たまーにうれしい勘違いをされることがあります。

「子ども好き」
間違いではありませんが、
前述の「子ども好き体質」ではありません。

 

私は自分が出産するまでは
子どもとの接点がほぼなかったので

「子ども‥まずどういう風に交流するのか?」
「そこで笑う?そこで泣く?不思議~」

そんな感じでした。

保育士さん

子どもとどう接するの?という私も
いい母親かは別として、
母親業も投げ出さす10年は過ぎています。

投げたしたい!なんて思ったことも
一瞬ではありますが、ないこともないですが(笑)

楽しい、嬉しいこともたくさんあります。

 

でもまさか子どもやお母さんに係わる仕事をするなんて
想像もつきませんでしたけどね。

同じ人が存在しないように 親子もそれぞれ

親子の関係 子どもとの交流はそれぞれです。

 

ママは子どもに対してどんなことも許す優しさを持っている

いつも食卓には子どもの大好きなものが並んでいる

「ママじゃないと嫌!」
なんて言われるくらい子どもはママが大好き!

 

そうじゃないといけないような気がしたりしていませんか。

 

  • 「仕事してる方がずーっと家にいて育児するよりも気が楽かも」
  • 「子どもと同じレベルで戦っちゃいます」
  • 「子どもに”お母さん、慌てないで!”とか言われちゃいます」←(我が家)

カピパラ親子

子育ての目的ってなんでしょうね。
この定義もその人それぞれなんでしょうが

「神様からお預かりしたこの子どもに、自分で生きる力を育てる」

ということかな?と。

 

根本が間違っていなければ、

親子スタイル、それぞれで構わないんじゃないかな?と思います。

情報が多い現代ですがら
「こうあるべき」って思いがちかもしれませんけどね。

 

ワクワクポイントもそれぞれ 目の前のお子さんと楽しもう♪

ちなみに私も母親になってからいわゆる
「こども大好き体質」になったわけではありません。
今だったら保育士さんになりたい、とか思いません。

 

「子ども、不思議!」と思っているままです。
さすがにどう接していいのかわからないということもないですし、
以前より「かわいい!」って大声で言いたくなることは多いです。

 

おもしろい!不思議ってキラキラしている子どもたちに
ワクワクしています。

また、自分も「未来の大人」の子どもに
元気になってもらうこと、
また、元気をたくさんもらっているこの仕事がとても楽しいです。

 

 

ママたちも、自分のスタイルで
子どもと楽しく、今日も楽しく過ごしましょう!

イチゴ狩り 親子

 

 


お問い合わせはこちら