乳腺炎、なる前に気づいてほしい兆候と対策

授乳の痛み

乳腺炎になったことがある人にはわかるあの辛さ。
激痛、発熱でフラフラ。
気軽に薬が飲めない…。
なってしまうと治るまでに時間がかかり、辛いです。

なる前の兆候に気づいてケアしましょう

貧血女性

 

つまり気味な時は乳房の一部だけなんとなく痛い、重い感じがします。

続いてあきらかに一部に固まりができます。

乳腺の出口(乳首の部分)にニキビのような白い詰まり「白斑」ができます。

痛みが本格化、硬くなった部分が熱をもって張れてきます。

 

それがそのまま解消しないと「乳腺炎」になってしまいます。

詰まらないようにするには?

母乳がよく出る

食事の内容

血行が悪い

実はそんな素質が母乳が詰まりやすい要素になったりします。

①母乳がよく出る

赤ちゃんが飲む量より、母乳が多く作られている場合があります。
最後までしっかり飲ませて、

お昼寝で長い時間飲みそびれている時など、
おっぱいの状態が張りすぎてないか確認をしていおきましょう。

だんだんと赤ちゃんのスケジュールと飲む量のバランスも
あってくるようになると思いますが、
それまでは気を付けてみましょう。
詰まりかけていたらまず頻繁に飲ませることを心がけて下さいね。

授乳の痛み

②食事の内容
高カロリー、脂肪分の多いもの、甘いもの
授乳中は食べたくなるんですよね。
食べ過ぎないように注意することが必要です。

いわゆる「和食」がおっぱいにはよいとされています。

イラスト 味噌汁

③血行が悪い

母乳はもともとママの血液からできています。
下着の締め付けで胸が圧迫される、
肩がこる、

冷えや疲れ。

血液の流れ=母乳の流れを悪くしている可能性があります。

乳腺炎になってしまった、なりそう で気づいてほしいこと

疲れてませんか?
頑張りすぎていませんか?

ストレスや体のお疲れが影響している場合が多い乳腺炎。

少しご自分のケアと、
息抜きをしてみて下さいね。

 

ママの笑顔がお子さんの笑顔です

ベビーヨガ

 

※参照

「桶谷式 母乳で育てる本」主婦の友社

 

 

お問い合わせはこちら