Category -  不安定な心

「泣く」のは我が子がママを信頼している証拠

赤ちゃん、なんで泣くの? おむつ おっぱい さみしい 眠い いろんな理由がありますね。 一つ言える確実なこと。 それは「ママ」がいるから。 ママが「困った」を解決してくれると知っているから。 ママが自分の気持ちをわかって …

産後、非常に落ち込んだり、イライラしたり…心が弱いのではありませんー!

産後の落ち込みだったり、 子育て中のイライラだったり、 何か今までは気にならないようなことですごーく落ちこんだり。 あれも、これもやらなきゃいけないのに 全くヤル気が出ないとかね。 そんな自分に根性なしだとか、 心が弱い …

「自分らしくていいね!」を今年は特に伝えていきたいです

今年はこうしたい!目標などはありますか?私は今年も自分らしくいきたいと思います。そして「あなたらしくて素敵です!」をたくさんのママたち、お子さんたちに伝えたいと思っています。

子育ての経験は今後のアナタにとって絶対プラスになる

「ブランクがあるので心配。」そう話した私に「また新しい視点で仕事ができるから絶対大丈夫!子育てしたからこそできることってあるんだよ」そう言ってくれた友人の言葉に一歩踏み出せた私です。だから言いたいんです。子育ての経験は決して無駄にはなりません!

2歳ほど精神年齢幼い?40年後は自慢できます

精神年齢が低い。そう聞くとどう思います?子どもの成長が心配?大人だったらどうでしょう?「え?若いってことかな」なんてうれしい勘違いをするかもしれませんね。そう、子どものことだと心配になってしまいますよね。でも結局大人になっても精神年齢、性格、できることできないことは様々。

こっそり言いますが「我が子をかわいいと思えない時がある」

「こどもがかわいく思えない」っていうときがある。実は多くのママが感じたことがあります。
世の中にはびこる?女性だったら誰でも母性本能あるでしょ、というイメージのおかげで、
罪悪感を感じでしまうママたちに向けて書いています。

「0が100か」が辛くなったら「65もアリ」と思ってみて!

物事の考え方や取り組みが「0か100か」という方って、 結構多いんだな、と感じています。 例えば子育て法や食事、健康法。 そのメソッドや考え方に反することはやらない。 そして、ある時「あれ、違うかも」な項目があると、 す …