子どもに対して毎日イライラ~無駄に怒らない、悩まない

イライラ母さん

無駄に怒って数十年、まきたです

母親になると、なんでこんなに怒るんだろう??
あー、うちの母親も口を開けば「も~、アンタは!」っていってたなと、
懐かしく思い出します。
(あ、健在です、元気すぎるくらいです、母。)

 

まだ、お子さんが小さいうちはそんなに怒ることもないかもしれませんね。
大変な日々にパパに対して
「も~~!」とイライラしちゃってるという話は聞きますけれども。

一生懸命だ から、近い存在だから

我が子がおもちゃを投げる、
友達のおもちゃを取る、
散らかしまくる。
大人しくしてない。

まぁ、子どもだったら当たり前にある行動なんだけど
「大きくなってもそんなことをしたらどうしよう」
と心配になってしまい、
きつく言ってきかせなきゃ、
と思いがちです。

怒る女性

ママは責任もあるし、一生懸命だから。

同僚や友人。
「それってどうなの?」ということが、
全くないわけではないですよね。

お友達がお茶をこぼす、
時間に遅れる。
同僚や後輩がミスをする。
人の悪口を言っているのを聞く。

 

「え~~」って思っても黙っていたり、
注意するにしても
「できれば●●はやめておいた方がいいよ」と
やわらかく対応しますよね。

距離があったり責任が少なかったりすると
感情的になりくいし、
言い方もきつくならないですよね。

ダメなことは­ダメだけど…それって絶対ダメかしら?

目に見えて危険だったり
人に迷惑をかけたり(多少はお互い様)
「ここは外せない」ってことは各家庭であると思います。

だけれど、
お子さんが人見知りであいさつが上手でないとか、
食べ物の好き嫌いが多い
集中力がない
トイレトレーニングが進まない
すぐ泣く
寝ない
神経質

子どもに注意する母

その子のキャラクターだったり、

成長すれば何とかなることなら

悩んだり、怒ったりするのもったいないですよね。

「まあ、いいかー」ということで、その分楽しく子どもと遊んだほうがいい。

「私は怒らないように心がけているんです」っていうママも、

イライラはお子さんに伝わっています。

「まぁ、いっかー」って思うと、

困ったことよりも、子どもの素敵な部分が見えてきますよ!

ハイハイしている赤ちゃん

­


お問い合わせはこちら