追いかけてくれるのは わが子と付き合いたての彼氏くらいです

仲良し親子 女の子

「もう知らないからね!」とちょっと怒って歩いていく。

そんな時に
「待って~~」と追いかけてくれるのは
付き合いたての彼氏、もしくは自分の子(幼児まで)でしょう。

カップル 怒る女性

 

そう考えると
なんて愛されてるの!必要とされているの、私!
って幸せな気持ちになりませんか?

「もう知らない」わけじゃない ママの気持ち

先日 この「もう知らない!」現場を目にした私。
お子さんは女の子で3歳前後かなというところ。

 

お子さんに「いいかげんにしなさいよ!」
といった感じでお子さんに言うと
ママはちょっと早足で歩いていく。

 

しばらく動かなかった女の子。

 

「うわ~ん、ママ ごめんなさい~」と
大泣きしながら歩いていくも、
なかなかママとの距離は縮まりません。

 

泣く1歳児

 

ママは本当に「もう知らない!」わけじゃない。
歩いている場所は決して車通りの激しいところなどではなく、
安全を確認した上で(たぶん)
子どもの前を歩いていきます。

 

背中全部でお子さんが転ばないか、
どのくらいの距離で走ってくるか
危険ではないか感じ取りながら。

 

泣いているお子さんだけでなく、
ママも辛い場面ですね。

追っかけてくれる時期はほんの短い間

「もう知らない」なんて言っても
そのうち「望むところだ!」なんて態度とられちゃいますよ。

生意気小学生

「もう知らない!」なんてそんな風に子どもに言うべきではない、
っていう話ではありません。
そんな状況って…ありますよね。
教育やしつけはその家庭それぞれ。

 

つい、そんな状況になってお子さんがママを泣いて追いかけてきたら
それはとっても幸せなことで、
貴重な体験だと思って下さいね。
そしていっぱい抱きしめてあげて下さい。

お子さんによって「知らない」「じゃ、いいよ」という場合も

ちなみにですが…
うちの息子に「知らないからね!」
という態度をとると、
小さいころからそこに止まるか、
ダッシュで私を抜かしていくか、
そんな感じでした。

 

「うわ~~ん、ごめんなさい!」なんてなかったです、残念ながら。
「もう知らない」が逆効果になる子もいますから(笑)
意地っ張りなんでしょうね。
そんな子もいます。

 

ママやお子さんの気持ちを考えるとせつないような、
そしてちょっとうらやましいような出来事でした。

親子女の子

子どもが小さいころは本当に大変で、
「いつまで続くの!!」って思いますけど、
振り返ると「懐かしいな」と
あたたかい思い出になります。

ママにべったりな時期、
あっという間です。
息抜きもしつつ、大切に…

 


お問い合わせはこちら