Category -  小児はり

親子スキンタッチ教室 触れることの大切さ 幸せホルモンオキシトシンを増やそう☆

11月21日(火)東京スキンタッチ会 主催の 親子スキンタッチ教室が開催されました。小児はりをアレンジしたスキンタッチ健康法。触れること。小さいころから大きくなっても触れることが大切ですよね。

ママの「手」から伝えられること 愛情 安心 スキンタッチ

子育てに関する言葉に「手が離れる」「手をかける」「手を焼く」「手塩にかけて育てる」など、手に関する慣用句が多いですね。昔から子育てには手、つまりスキンシップはかかせないものなんですね。手から伝わることについてのお話です。

【小児はり治療ご感想】「小さいうちから施術すると発達や心の安定になると思います」チョコバナナさん お子さんバナナちゃん 東京都江東区( 開始当時0歳~現在4歳)

生後3ケ月の時から小児はりを受けているチョコちゃんのお母さん、チョコバナナさんからご感想をいただきました。