ママの自由度が上がると子どもがのびの育つ!いきいきとのびのびの比例関係

浜辺の親子

自分の子が周りを気にせず、
自分らしく、のびのびと過ごすこと。

 

得意不得意はあっても、
自分の好きで得意なことは伸ばしてほしい。
多くのママはそう思ってますよね。

 

どうしたらそんな風に育ってくれるでしょう?

何かいい習い事でもしましょうか?
特別な教育を受けた方がいいかしら??

お金があまりかからない方法があります。

ママが見本を見せて下さい!

 

あなたが目指しているのは良いママですか?

一度は目指したことのある「良いママ」(笑)
実は私も目指したことがあります。
それも無意識に。

 

初めてママになると

「ママは子どもや家族を優先しなければならい」
「子どもが周りに迷惑をかけないようにしなければならない」
「育児本の通りに育てなければいけない」
などなど。

家事に一生懸命な女性

気づくと

「〇〇でなければいけない」
「周りと比べて劣っていてはいけない」
「子どもと私もまわりと仲良くやらなきゃいけない(そのためにガマンも必要)」

お疲れ様です!

大丈夫です。
良いママじゃなくっても
お子さんにとってあなたが最高のママであるのは間違いナシです。

ママが自分をおさえる→おさえることが「正しい」と教えている

子どもって小さいうちは特に、
自分の親が一番で、
親の言うことが正しいと思っています。

仕事も趣味も楽しみたいのに、
家事や子どものことを無理してがんばらなければいけない。

そんな姿は
「大人になったら自分のやりたいことはできない。我慢して家事や育児をするべき
そう子どもに伝えているようなものですね。

 

外で働くこと。
家の中で家事をすること。
どちらの「働く」ことも大切で、素晴らしい。

 

大人になってもママやパパは好きなことがあって、
好きなことをしている時は楽しそう!

 

 

女性宅配業者

親がどのように生きているか。
子どもはよーく見て学びます。

ママがどんな表情なのか気持ちなのか。
驚くほど感じ取っているのが子どもです。

そして親がイキイキと楽しそうだと、
子どもってものすごくうれしいし
リラックスするんですよね。

 

今日もママの笑顔をたくさん見せてあげて下さいね。
笑顔が倍以上になりますよ。

お問い合わせはこちら