「泣く」のは我が子がママを信頼している証拠


赤ちゃん、なんで泣くの?

おむつ
おっぱい
さみしい
眠い

いろんな理由がありますね。

一つ言える確実なこと。

それは「ママ」がいるから。
ママが「困った」を解決してくれると知っているから。
ママが自分の気持ちをわかってくれると知っているからです。

 

赤ちゃんが泣くのは私のせい?

赤ちゃんは泣きます。
当たり前ですね。

ですが、大きな声で泣く子もいれば
小さい声で泣く子もいる。

また、泣く時間が長い子もいるし、
ちょっとしたきっかけで泣く子、
同じような状況でも泣かない子もいるわけです。

大人でもいろんな性格、性質の人がいるのと同じ。
よく泣く、そうでもない
そんな違いはあるんです。

泣く1歳児

 

だからママである「私」がどうか。
実はあまり関係なかったりします。

 

「虐待してるんじゃないか」そう思われそうで…

実は虐待をされている、ママを信じられない子は
泣かないんですよね。

 

赤ちゃんは自分を守る術を知っています。

泣いたら怒られる、泣いても応えてくれない。

赤ちゃんは自分を守るために泣かなくなります。
そして泣いても無駄であればあきらめてしまいます。

怒っている赤ちゃん

よく泣く→ママを信頼しているということですよね。

よく泣く我が子→

「私の大好きなママ」と認定されたというこです。

こんなに泣く、私の事大好きなのね~!
と思ってください。

 

そして「泣き虫」と小さいころに言われた子に
頑張り屋さんで積極的になる子も意外と多いもの。

きっとママがきちんと応えてくれたことで、
安心感や自己肯定感が生まれ、
ママを基地として自信をもって行動できるということでしょう。

辛いときは気分転換

とはいえ泣いている赤ちゃんと一日中家の中にいると
ちょっと気持ちがへこむときもあります。

ちょっと外にお散歩に出てみるなど、
環境を変えてみると親子ともにリフレッシュ
気分転換にもなりますよね。

週末はパパに預かってもらい、
ママだけ数時間外出するのもいいですよ。

とにかくママが元気がなくなると、
赤ちゃんも悲しくなってしまいます。
赤ちゃんはママの笑顔が大好きです!

 

赤ちゃんくすぐる

 

 

 


お問い合わせはこちら