「母としてきちんとしなきゃ」がつまらん育児になっている可能性

ママ大好きを楽しんでますか

新生児から幼稚園児さんくらいまでの
お子さんがいることろにお伺いすることが多いのですが

「かわいい」

「おもしろい」

「騒がしい」(いい意味で)

「大変そう」

「癒される」

「うらやましい」

そんな思いを胸に家路に着きます。

ハートの手の形

 

子どもってよく泣き、手がかかる、
ママがいなくなると号泣する。

大変だけど、

「あー、かわいいな、おもしろいな、
そんな子育てまたしたいような…
ママ~って必要にされるなんてうらやましい」

一歩引いた目線で見るとそう思います。

「いつになったら楽になりますか?
6か月?1歳?3歳?

しかしながら子育て真っ最中のママからすると
「大変!」がいつまでも続くような気がしてしまいますね。

「この大変さ、いつまで続くんだろう、
早く成長してほしいです」

 

そうですよね。
夜泣きがなくなれば、
一人遊びしてくれるようになれば、
授乳間隔が空けば…

育児げっそり

大丈夫。
子どもは日々成長します。
少しずつお世話も楽になってきます。

 

成長にともなって
イヤイヤ期やお友達との関係で
大変さの内容が変わってくるってことも
ありますけどね。

ママじゃなきゃダメ!の時期はそう長くない

子どもの成長はなによりもうれしいことですね。
その成長がびっくりするくらい早い!

 

「楽しむ」って抽象的だけれど、

「かわいいなぁ~」

と、思える時があるかどうか。

 

高い高い

 

だって、「ママ、ママ!」の
かわいい時期を
「辛い、大変」だけで過ごしたら
もったいないんです。

 

 

家事やその他。
いろんなこと手抜きしていいんです。

数か月後、1年後
少しずつ時間もできてくるから。

「母としてきちんとしなきゃ」
が育児を楽しむチャンスを逃しているかも。

辛いことばかりだったら、
人に手伝ってもらったり、
あえて自分の時間をとってリセットしたり、
いろいろ手抜きしたり(笑)

お茶休憩の女性

「母としてどうか?」
じゃなくて、
「この子がかわいい!」
楽しめることを優先してくださいね~。

今だけ、今だけですー。

 


お問い合わせはこちら