Category -  脱力子育て

「だったらいいのに病」になっていませんか?理想の子育てと現実の我が子のギャップ

「もっと◯◯な子だったらいいのに…」なんて思ってしまうことありますか?ないこともない??
「いやいや、我が子がやっぱり最高」と思いなおせれば大丈夫。いつもいつも「もっと◯◯だったら…」と思ってしまうとしたら、ママの心の中に理由があるかもしれません。

こっそり言いますが「我が子をかわいいと思えない時がある」

「こどもがかわいく思えない」っていうときがある。実は多くのママが感じたことがあります。
世の中にはびこる?女性だったら誰でも母性本能あるでしょ、というイメージのおかげで、
罪悪感を感じでしまうママたちに向けて書いています。

ママの「手」から伝えられること 愛情 安心 スキンタッチ

子育てに関する言葉に「手が離れる」「手をかける」「手を焼く」「手塩にかけて育てる」など、手に関する慣用句が多いですね。昔から子育てには手、つまりスキンシップはかかせないものなんですね。手から伝わることについてのお話です。

赤ちゃんとどうやって遊んでいいのかわからない!ちょっとしたことで赤ちゃんが楽しくなる方法

赤ちゃんとの遊び方がわからない。そうなんです、保育士さんであるとか、小さな兄弟がいたとかの経験がないとどうしていいかわからない。赤ちゃんはどんなことで喜ぶのでしょうか?

「0が100か」が辛くなったら「65もアリ」と思ってみて!

物事の考え方や取り組みが「0か100か」という方って、 結構多いんだな、と感じています。 例えば子育て法や食事、健康法。 そのメソッドや考え方に反することはやらない。 そして、ある時「あれ、違うかも」な項目があると、 す …

「寝てくれ~」ビームが熱いと寝られないのです

子どもの寝つきが悪い 何回も起きる 夜泣きする もう「今日こそは寝てね、お願い~」って思いますよね。 意外とこの「寝てよね」が寝ない原因となることも あるんですよね。   「寝てくれ~」ビームを出しているときの …

子育てに一生懸命なママに脱力してもらいたい理由

肩の力を抜いて脱力子育てと言っていますが、 なぜママたちに脱力してほしいのか? 理由は そもそも子育てには力が入るからです。 そして力が入りすぎると 残念ながらお子さんにはありがた迷惑な場合が多いからです。 ガ~ン &n …