問題が起きたときに問題になること

問題 PROBLEM

新型コロナウイルスの感染拡大で、生活が一変した方も多いと思います。

仕事のこと、生活のこと。

子どもの幼稚園、保育園、学校のこと。

また、自分や家族が感染するんじゃないか?

 

 

悩みや不安は尽きないと思います。

悩む、心配する、不安になる。

それは普通のことだけれど、
それが過度になってくると新しく問題を生むことにもなります。

 

今、何で不調が起こっているのか

新型コロナウイルス感染拡大で、自殺する方が増えているとか。

この先どうなるかの不安で命を絶ってしまうなんて、
何だろう…。おかしくない?
って、冷静に考えればわかりますが、
不安に押しつぶされてしまうと、
的確な判断が難しくなってしまいます。

深刻な状況ではあるけれど、
今、あなたの身におこっていることは何でしょう?

今現在困っていることは何?

もしかして「このままいくと大変なことになるのでは?」という

先のことを考えた上での問題?

まだ起きていないことでの悩みが大きすぎると、
「今、何をやっておくべき?」の
優先順位がわからなくなってしまいますね。

問題について悩んでいることが逆に
悩んでいることが問題にもなりかねません。

ストレスが体に与える影響

ストレスになる出来事がおこると、体はそれに対応しようとして反応します。

例えば…

  • 血糖値が上がる
  • 血圧が上がる
  • 心拍数が上がる
  • 胃酸の分泌が増え、粘液の分泌が減る

など。

胃 悪い

結果、胃腸の調子をはじめ、
体調にも影響しています。
免疫力も下がります。

感染したくない!と思っているのに
体調がわるくなったり、
免疫力が下がったりしたら本末転倒です。

問題を増やすのはやめよう!

大変なこの時期。
体調を崩すことや、
家族とのトラブル
気持ちの落ち込みなど

さらなる問題や2次被害がおきませんように。

まずは深呼吸!

みんなで一緒に乗り越えましょう☆

ははとこ治療院でも
免疫力upにお役立ちな情報を発信していきます。

 


お問い合わせはこちら