子どものあふれるパワーに負けそうなママにしてほしいこと


「子どもは元気が一番ね~」
その通りです。

はしゃぐ、笑う、泣く、怒る
すべて思いっきりです。

 

が、

 

あの元気とパワーに一日付き合うっていうのは
それはそれは

疲れる。

というのが本音です。

 

大切なのは

パワーのもとを抑えるのではなく、

オーバーヒートを防ぐということ。

 

  • はしゃぎすぎて夜眠れない
  • 大音量の泣きが続く
  • 「キャー」「キー」の奇声
  • 何もかもが「イヤ」が止まらない

 

そういったことを回避できると、

ママもお子さんも

気持ちも体も楽になりますよ!

感情や行動が暴走するのはどうして?

ドキドキ、ワクワクの「初めて」

初めてのデート
初めての海外旅行
初めての学校

 

初めての…

には緊張と興奮とが伴いますね。

ドキドキ、ワクワク!プッチンプリンを緊張してあける

 

年を重ねると

「ドキドキ、ワクワク」が少なくなってくる。

だって経験済みだから(笑)

 

小さなお子さんほど

初めての出来事や新鮮な出来事は多いですよね。
赤ちゃんなんて、すべてが

「初めて~」なのです。

 

公園の滑り台。
大人から見ればただの滑り台ですけれども。

そりゃ子どもは興奮しますよね!

公園で遊ぶ親子

楽しいこともありますが、
初めてのことは不安を伴いますね。

 

「いやぁぁぁ~」と泣いて拒否してしまうかも。

楽しいことも怖いことも「ストレス」

「ストレス」というと

イヤな気持ちになる出来事などの

マイナス面を思い浮かべる人も多いと思います。

楽しくてドキドキ!っていうのも

「ストレス刺激」になります。

 

そういった感情や体の変化
(ドキドキ→実際に上がる心拍数など)
を起こすのがストレス刺激(ストレッサー)です。

びっくりした赤ちゃん

そのストレスに対応する臓器「副腎」
出産後大きさが減少。
8歳ごろから急激に成長しはじめます。

 

体の作りやシステムから見ても、
小さい子どもはストレスに弱いんですね。

やりたい!おもしろそう!を大切にしたい

ストレスや刺激に弱いから

「なるべく穏便に済ます」のではなく、

「やりたい!」気持ちを大切に
思いっきり楽しませてあげたい。

 

赤ちゃん 疑問

イヤだ、悲しい、怖いという経験も
子どもにとって成長の一部。
マイナスと思われる感情も
蓋をせず解放しましょう。

 

ではどうしたら?

 

 

イヤだ、悲しい、怖いを否定せず

「共感」

してあげること。

「びっくりしたね!」
「悲しかったね」
「くやしかったね」

そんな声かけにお子さんの気持ちは
とても落ち着くでしょう。

 

また、体のイライラなどに対する変化を
リラックスさせてあげること。

お日様と同じスケジュールで、
朝は明るく、夜は静かに。
すんなりと眠れるようになれば、
翌朝は元気いっぱいです。

そしてお子さんをたくさん抱っこ、なでなですること。

仲良し親子 女の子

 

イヤな気持ちはもちろんですが、
なんだが落ち着かない気持ちや
ちょっとした体調の変化なども
自律神経も整い

スーッと落ち着いてきますよ

ははとこ治療院でできること

  • イライラやドキドキ、
  • お子さんのイヤイヤ期
  • 寝つきが悪い、眠れない
  • 夜泣き
  • 疳の虫

そんな時には小児はりが効果的かもしれません。

ご自宅でのスキンタッチ健康法を活用することで
ママとのあたたかいスキンシップと
東洋医学の知恵で
お子さんがリラックスし、
元気にすごせる手助けになるかと思います。

小児はり 施術

また、ママの元気がお子さんの元気!
親子でリラックスできるメニューを
ご用意しています☆

 

超脱力コースはこちら▼

 

 

 

 

 


お問い合わせはこちら