赤ちゃんとどうやって遊んでいいのかわからない!ちょっとしたことで赤ちゃんが楽しくなる方法

あかちゃんこちょこちょ

「赤ちゃんとの遊びって何をしたらいいんだろう?」
と思ったママさん。

おめでとうございます!

赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱいだった時間。
トンネルから光が見えてきました。

少し時間的、気持ち的余裕がでてきたということですね!

どんな遊びで赤ちゃんが喜ぶのか?
成長が促されるのか?
気になるところですね。

 

赤ちゃんの様々な成長を促す遊び

 

赤ちゃんの脳、体、情緒にいい刺激を与える。

それは

触れることです。

 

手のひら親子

赤ちゃんに触れる、
皮膚は露出した脳ともいわれています。

「子供の「脳」は肌にある」
山口 創 先生の著書です。

 

この本でも述べられいるように、
お子さんとのスキンシップ。
触れることでお子さんにもママにも幸せホルモン
「オキシトシン」が出ます。

肌に触れることにより、
お子さんがリラックスして幸せな顔になるのは、
ママだったら体感してますよね。

こちょこちょ、でも
抱っこでも
タッチ!でも

何でもいいんです。
とにかく赤ちゃんとスキンシップしましょう!

 

 

赤ちゃん言葉とか…苦手です

「おねむでちゅか~」とか
赤ちゃん言葉を使わないといけないようなイメージありますか?

ママの普段の言葉で
普段のトーンで話しかけて大丈夫。

自分では普段と同じように話しているつもりでも、
赤ちゃんに話しかける時の声や話し方は
違っている場合が多いです。

いつもより

  • ゆっくり
  • はっきり
  • 簡単な言葉で
  • トーンの高い声で
  • 繰り返し

 

というような特徴があります。

このように自然に赤ちゃんに話しかける時の話し方を

「マザリーズ」といいます。

けれども、もし自分の話し方が赤ちゃん向けでないのかな?と心配なら
ゆっくり、はっきり…の特徴を意識して話しかけてみるといいですね。

特別なおもちゃや技能はいらない

本当に特別なことはいりません。
赤ちゃんが危険でないのを見守りつつ、
「わ、いいね~、楽しいね!」

とママが声をかけるだけでご機嫌です。

ママのお話や歌も大好きです。
特別な歌や手遊びじゃなくてもいいんです。
その場で即興で作ったママオリジナルだってOK

優しい声にプラス優しい手。
声をかけ、歌をうたい赤ちゃんにタッチするだけで、
楽しい遊びになりますよ!

スプーンや歯ブラシを使った
「スキンタッチ健康法」も
遊びとスキンシップと健康法がセット!
おススメです。

 

あかちゃんこちょこちょ

 

 

お問い合わせはこちら