妊娠と鍼灸~ははとこ治療院の考え方~

不妊に鍼灸が良いって聞いたのですが、
どうやって鍼やお灸で妊娠することができるのですか?

鍼灸で赤ちゃんがやって来るための準備をするサポートができると考えています。

それは排卵→受精→着床→出産→子育て と
こころと体を整えること。自然のリズムに逆らわないことが大切だと、当治療院では考えています。

鍼灸と妊娠や出産って
どう関係するかピンとこないですよね。

実は生理痛や生理不順、PMS
不妊、更年期障害など
女性のホルモンバランスからくる不調や
逆子、安産など
昔から鍼灸が役に立ってきた歴史があります。

鍼灸でリズムを整える 冷えを解消する

鍼灸は自律神経を調える効果があります。

その結果、ホルモンバランスが調い、
排卵、生理のリズムが調います。

「冷えにお灸」と言うことを
聞いたことがあるかもしれませんが、
鍼灸には冷えを解消する効果があります。

鍼 施術

ははとこ治療院で鍼灸の施術を受けてから、
基礎体温のグラフの形が

  • 高温期と低温期がきれいにわかれるようになった。
  • 以前より高温期が長くなった
  • 体温自体が全体的にあがった

 

そのような変化をされる方か多いです。

鍼灸で体の何かを操作するというより、
もともと備わっている自然治癒力や、
恒常性を高める効果があるのでから、
その方の「あるべき姿」を後押しします。

またリラックス効果があるので
睡眠がスムーズであったり、気持ちが穏やかに過ごせることも
スムーズな妊娠、出産の助けになると考えられます。

妊娠するのかしないのか

妊娠するのか、しないのか。

子どもが何人生まれるのか

男の子か女の子か

家族計画や生み分けなどもありますが、
基本的に親の計画通りにはいかないものです。

親の側でできることは、

妊娠しやすいように、
妊娠が維持できるように
お腹の中で赤ちゃんがすくすく育つように


ご自身の体調を調えること、
出産に向けて体力をつけておくことなどではないかなと思うのです。

妊娠はゴールではありません

妊娠は子育てのスタートではありますが、
ゴールではありません。
また、妊娠という形でなくても、
例えば養子といった形の子育てのスタートもあります。

妊娠をしたら、おなかの中でお子さんが
元気に育つように、ママも健康でいなくてはいけない。

出産も赤ちゃんとママが頑張らなければ
赤ちゃんはお腹から元気に出てくることはできないのです。


生まれてから、また気力、体力が必要。
24時間体制の子育てが始まります。

そして…

子どもが成長して自分の時間ができたら、
仕事や趣味、イキイキと過ごしたいですよね。

子どもが成長してからの人生、長いです。

海辺パラソル

女性がイキイキとその人らしく生きるために…
妊娠、出産の時期をどのように過ごすか、
体をケアするのか、
ストレスに対応していくのか?
見据えていくのが大切だと考えています。

皆さんの笑顔が増えますようサポートしてゆきたい、と
ははとこ治療院では考えております。

お問い合わせはこちら